Welcome

更新情報

2022-12-05 11:27:00

いつも Surf Repair.PRO(タコスサーフトイズ ファクトリー)をご利用頂き、ありがとうございます。

12月5日にて、本年中の納期が想定されるボード修理の受付は終了致しました。

来年度より施工を開始し、納期もそれ以降となる長期のボード修理は引き続き受け付けています。

お急ぎの修理は、当店横の「パイン工房」へ問い合わせ&お持込下さい。

 

宜しくお願い致します。

 


2022-09-01 00:19:00

いつも Surf Repair.PRO(タコスサーフトイズ ファクトリー)をご利用頂き、ありがとうございます。

2022年9月1日をもちまして、当店のリペア料金を改定しました。

昨今の原材料費高騰、人件費の上昇、更には円安における輸入費や輸送費のコスト増など、サーフボード業界はかつてない値上げラッシュに見舞われております。

リペアも例外ではなく、修理に必要な樹脂やガラスクロス、フォームなどの全ての材料、それらを加工するための消耗品など、全てにおいてこの影響下にある状況です。

当店に限らず、どのショップやリペアファクトリーにおいても値上げは避けられない情勢です。

改定しました新しい料金は、本日9月1日より新規受け付けした分より適応させて頂きます。

それ以前にお引き受けしたボードに関しましては、旧料金にての清算となります。

大変苦しい中での決断となります。

どうぞ、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 


2021-03-31 21:52:00

いつもSurfRepair.PROをご利用頂き、ありがとうございます。

来年度4月1日より、当サイトからの問い合わせ先が、Eメールを除き変更となります。

問い合わせ先の電話番号が、固定電話から専用ダイヤルの070-8932-1504(午前9時~午後18時)となり、

新たにLINEでの見積りや問い合わせ(終日問い合わせ可)がご利用いただけます。【見積り・問い合わせ】ページよりご確認下さい。

 

宜しくお願い致します。


2020-08-23 21:13:00

SurfRepair.PROを提供しているのは、宮崎の「Tacos Surf Toys Factory」です。

お電話を頂いた際に、「ボード修理のタコスです」とお伝えしているのはそのためです。

今回、タコスの店主のブログへのリンクをトップページに追加しました。

毎日更新しています! レアな修理風景もアップしています。

是非、ご覧下さい。→「TACOS SURF TOYS FACTORY(ブログ)


2019-04-01 23:02:00
20190401b.jpg

 

エブリディリペア case.01「折れたトコロ」
ボード種類 ショートボード
状態 中央からノーズ寄りの位置で完全に折れている
対策

折れてしまった部分の補強、フォームの埋め込み、表皮となる部分の再生

色合わせ&リペイント&デザイン変更、バフィングによる磨き上げ

 

2019/03/31 折れたトコロの復元プロジェクト、最終回は接合部分の塗装です。

 

塗装したくないロゴとストリンガー部分をマスキングし、ウレタン塗料を調色した後に塗布していきます。

諸々の下処理などありますが、ピンホールなど極力でないようにし、オリジナルの艶具合に合わせてあります。

20190331b.jpg 

 

オリジナルが少し日焼けしていたこともあり、その部分も少し被せる形で塗装しました。

接合部分が見えなくなるのが目的ですが、あくまで自然に馴染ませたかったので、色合わせはきっちりしてあります。

そしてマスキングを剥がして後処理をし、きっちりクリア塗布をすれば完成です!

今回のボードは、サーフィンビギナーの方にご購入いただきました。

TOKOROのボードが最初の一本という、ある意味贅沢なチョイスと思われるかもしれませんが、

こうやって一度は折れたボードが再生して再びライダーの手に渡るのは、とても喜ばしいことだと思います。

これからも、こういった折れたボードの再生は続けていきますので、また別の機会に!

※SurfRepair.PROではこういった折れたボードの再生・強化を承っております(ブランド・素材問いません)


1 2 3